たきかわ環境フォーラムへようこそ

エコフットパス研究会

コウモリ調査

たきかわエコフェスタ

エコカフェ

自然調べ

これまでの記録

入会のご案内

サイトマップ

「EcoUp!」リポート
落ち葉ってごみでしょうか……? パネルディスカッション「街路樹問題を考える」

 たきかわ環境フォーラムは2003年11月9日午後、滝川市美術自然史館会議室でパネルディスカッション「街路樹問題を考える」を開きました。参加した約30人の市民たちによる活発な議論をお伝えします。(リポート/平田剛士)


撮影/北谷孝範

パネリスト
川嶋幸治さん 滝川市市民生活部参事
高橋啓治さん たきかわ環境フォーラム代表
武田忠義さん たきかわ環境フォーラム運営委員
吉澤隆司さん たきかわ環境フォーラム運営委員

司会/平田剛士(フォーラム副代表)

「森の色は癒しの色です

吉澤隆司さん たきかわ環境フォーラム運営委員
「カメラのパピヨン」店主

 市内の街路樹の様子を撮影してきました。これはまだ剪定されてない状態です(写真A)。で、これが剪定後です(B)。ばっさりやってますね。森のかがく活動センターでは先日、市内の小学校で校庭の木の落ち葉を受け入れたんですが、これはその写真(C)。相当の量です。いまは堆肥場を作って、その中に入れています。
 さて今度は近郊の写真をお見せしましょう。森に入って、こうやって写真を撮りながら歩いていると、精神的にホッとします。森の力とでもいうんでしょうか、たとえばリスを探しながらゆっくり歩いていると、爽快な気分になるんです。ハルゼミの抜け殻なんかが、こう、木の幹に並んでいるのを見つけたりすると、ちょうど新緑の季節ですが、本当に心が洗われる気がしますね。
 動物や生き物たちにとっては、森は生活の場です。木には力があるし、森の効用というのはとても大きい。
 わたしは、森の中で出合う輝きの色を「癒しの色」だと思っています。木というのは、わたしたちにとって必要なものなのです。

撮影/吉澤隆司(A、B)、平田剛士(C)


「多角的に見れば考え方は変わるのでは」

川嶋幸治さん 滝川市市民生活部参事

 今、こんなふうに落ち葉の処理のことが話題になり始めたのは偶然ではないと思います。この春から滝川のごみ処理は、従来の定額制から従量制になりました。家の前で集めた落ち葉を有料の指定ごみ袋に入れて出さなくてはならなくなったわけで、街路樹の落ち葉なのにどうして自分が経費を負担しなければならないのか、というふうになってきたのです。
 街路樹は管理者がハッキリしていますから、本当なら管理者が落ち葉もきちんと管理するべきだとわたしも思います。ですが、全市内でその都度、落ち葉を片づけるのは大変で、正直難しいです。
 4月から稼動した「リサイクリーン」は、生ごみをメタン発酵させてエネルギー利用を図る日本で初めてのバイオガス施設です。でも、生の葉っぱは利用できるのですが、落ち葉は、プラントに入れても異物として吐き出されてしまいます。それで、いまは集めた落ち葉はエコバレーに送って燃やしています。ただ、ごみ発電をしているので、単に燃やしているわけではありません。
 先日、まちづくり懇談会を13の連合町内会で開催しましたが、「街路樹を全部切ってくれ」という意見もあります。吉澤さんの写真のような切り方、異様な光景だと思いますけど、景観の面、精神的な面、二酸化炭素吸収の効果とか、多角的に見れば街路樹に対する考え方も変えられるのかな、と思います。


「落ち葉はごみじゃないんです」

高橋啓治さん たきかわ環境フォーラム代表

 山の森を見て下さい。堆肥をやらなくても維持されているのは、落ち葉が栄養源になっているからです。落ち葉はごみじゃないんです。
 いま農業問題がクローズアップされていますが、経済の問題だけではありませんよ。土が、作物を作れない状態になっている。良い状態に戻すのに、土に落ち葉を還元したい。街路樹の葉っぱは、相当な量になるはずですが、これをごみと見なすというのは、農業者にとって残念でならないんです。
 人間はこれまで、自分が便利よくなることばかり考えてきましたが、原点に戻ったらどうかと思うのです。落ち葉を投げてしまわないで、地上にかえしてあげる、そんな循環の世界に戻るべきなのです。そうすれば、落ち葉を見る目も変わってくると思う。
 たとえば街路樹の落ち葉をボランティアの力で一定のところに集めて、堆肥にしていくとか、そういう形にしていくのが大事だと思います。


「街路樹の楽しみ方をみつけよう」

武田忠義さん たきかわ環境フォーラム運営委員・北海道自然環境部

 私はお寺のすぐ横に住んでいて、街路樹もたくさんあって、時々落ち葉で雨水マスが詰まったりもしています。掃除するのは確かに大変ですけど、葉っぱをカサカサ踏み締めながら歩くのもなかなか気持ちいいものです。
 街路樹の価値を考えてみますと、まず緑の多いところに住みたい、という人は多いのではないでしょうか。実際、地価を見ると街路樹のある地区が高いんです。
 街路樹の下には木陰が出来ます。夏の快適さを演出してくれる。雨が降れば、アスファルトに直接たたきつけるのに比べて、街路樹があるとずっと水の地面への吸収率が高いんです。もちろん、二酸化炭素を吸収してくれるという効果もありますね。
 滝川では街路樹としていろんな樹種が植えられていますが、マロニエ(トチ)とかクリとか、花が咲いて実の生る並木を作ってはどうでしょう。鳥が集まり、そんな街路樹を森とつなげたら、帯広なんかはそうしていますが、街中にリスを呼べます。
 落ち葉問題はどの自治体も悩んでいるんですが、たとえば岩見沢では地域が徹底的に話し合いをして、電線にかかったり標識が見えないときだけ枝を払う、それ以外は切らないというふうにしているようです。
 山梨の甲府市では、神社やお寺の緑を街路樹でつないで、巣箱をかけたり、コウモリを増やそうという活動が盛んです。そんなふうに街路樹を利用していろんな楽しみ方ができると思います。


フリーディスカッション

滝川市内の街路樹
イチョウ 2110本
プラタナス 1600本
エゾヤマザクラ 1500本
ナナカマド 1100本
そのほか(シラカバ、ニセアカシアなど)
計30種 9168本

滝川市の街路樹管理予算
1500万円(2003年度)
うち1000万円が剪定向け

プラタナスが選ばれるわけは……?

フロア 緑町に住んでいますが、高校通りの街路樹がこの前、剪定で丸坊主にされちゃったんですね。せっかく紅葉してきれいな時期なのに、あっさり切っちゃったのは信じられない。通学路で、卒業後には生徒たちの思い出にもなると思うです。それなのに……。植えるのだってタダじゃないでしょう。ボランティアで落ち葉を集める仕事をしてもらうとか、方法があるはずです。それに、なぜ落ち葉の多いプラタナスばかり植えるんでしょう? 植えるなら最後まで面倒を見ることを考えて、子供たちの夢を壊さないで欲しいです。

フロア 造園業で、街路樹剪定の仕事もやっています。街路樹の選び方はハッキリしていて、安くて丈夫で、クルマが衝突してもしなやかで、剪定に強い、そういう基準です。だからプラタナスが選ばれるんです。葉の裏に毛が生えていて、排気ガスの汚れを吸収してくれますし。実は今年も300本のプラタナスを剪定しました。いわゆる強剪定です。もし毎年切らせてくれたら、もっとキレイに切れます。でも予算の都合で3年に1度しか剪定できないから、1度に3年分切らざるを得ない。除雪の邪魔になってもダメですしね。もちろんわれわれも技術者を育成していくことが重要だと考えていますが、せめて自分の家の前の歩道の街路樹の落ち葉は「自分の木」とみて面倒みてもらえたら、と思います。

フロア いまのような専門家のお話、知らない人が多いですよね。もっとみんなで共有していかないと。


撮影/北谷孝範

フロア 枯れ葉がいつからごみとみなされるようになったか、考えてみると核家族化と重なっているように思います。私たちの世代の子育てで、そんなふうに考える人が増えたのかも知れませんね。

フロア 高校の教師をしていますが、勤務先で校庭を改造していて、わたしは鳥がよく集まるような樹種をたくさん植えるよう提案したんです。でも、あんまりたくさん植えると、木の陰でよからぬことが起きるかも知れないということで(笑)、5本しか植えないことになりました。

 


市民と行政の「協働」による町づくりを

川嶋さん 街路樹を切ってくれと町内会に向けて、「家の前の木はあなたの責任で」というのは、行政はなかなか言いにくいものなんです。ただ、滝川市はこれまで何でも市がやる、というスタイルでしたけど、市長も替わって、今後は「協働」の町づくりに変わっていくと思います。個人的な考えですが、たとえば葉っぱの中には太陽エネルギーが詰まっている。これをごみではなく、「バイオマス(生物をエネルギー源として利用すること)」とみなしたらどうでしょう。そんなことを滝川から発信していく、そういう町づくりは可能なのではないかと思います。

高橋さん これからは「行政対市民」という構図ではいけないと思うんですね。こうしてくれ、ああしてくれ、という対立ではなくて、「たきかわ環境フォーラム」なんかの今回のような機会をもっと市民の中に増やしていくことが大事だと思います。

フロア ただ、街路樹問題と言っても、もっと問題点を整理しないとダメです。緑を見て癒されると言っても、そこに生活している人と認識がかけ離れすぎてはいないか、堆肥にすると言っても、果たして現実的なのか。たくさんの量を具体的にどんなふうに処理するのか、とか、議論するにはまだまだ勉強不足ではないかと感じましたが。

フロア 街路樹管理は維持課で、景観は別の部署、きょうのこの催しは教育委員会と、縦割りですしね。

川嶋さん ご指摘の通り、市役所の内部の情報の共有は必要ですし、わたしも一本化すべきだと思います。環境都市宣言をしていますし、「協働」でやろうというなら、そういう受け皿も必要ですね。